賃貸の契約に関して

賃貸における契約違反とは

トップ / 賃貸における契約違反とは

賃貸に関する違約金とは?

賃貸に関する違約金とは、例えば、お部屋に入居してから1年や2年などの短期間で解約する場合に発生するものです。つまり、契約上定められた一定期間さえ経過すれば、この反則金みたいなお金は発生しません。これは、契約は基本的に2年契約で、貸す側としては長く住んでもらうために賃貸の礼金や家賃などを募集時点から本来の金額よりも低く設定している場合があり、あまり短い期間で退去されると、貸す側が一方的に損をしてしまうのを避けるためのものです。従って、この違約金によって、借りる側が一方的に損をするものではありません。

植木と花

賃貸住宅で違約金が発生する場合

アパート・マンションなどの賃貸住宅を契約した場合に、契約期間の終了前に入居者から解約を申し出ると、契約書の定めにより、家賃の数か月相当、通常は1か月分程度の違約金を取られることがあります。立ち退きの際には入居時にあらかじめ支払った敷金の中から部屋の原状回復工事に要した費用相当額が差し引かれますが、これとは別個のものです。特に、敷金・礼金なしのゼロゼロ物件の場合には、短期解約すると相当の違約金が発生することがありますので注意が必要です。また、賃貸契約で定められた期限までに家賃を支払わなかった場合にも、遅延損害金とよばれる割り増しの家賃を請求されます。

一軒家の賃貸情報